トイレの記事 埼玉東部地域の記事 工事例の記事 記 事

樹脂製タンク一体型トイレの水漏れとトイレ交換

普通のトイレはどれも同じように見えますが、実はよくみるとタイプがことなるトイレも少なくありません。このページに出てくるトこのようなトイレで不具合が生じると、修理よりもトイレをまるごと交換した方が修理が安いことが多いのです。今回は床に水が漏れるタンク一体型トイレを交換した工事例についてご紹介しますのでご参照ください。

埼玉県蓮田市の水が漏れる樹脂製タンク一体型トイレの交換工事例

蓮田市内にお住まいのお客様から、「トイレのどこからか水が漏れて床が濡れているので修理を依頼したい。」との電話が入りました。
すぐにお客様宅に訪問して、詳しいお話をお伺いしました。
今回のお客様のお宅は、建築後12年が経過する2階建て住宅でした。お客様によると、気が付いたらトイレの床が濡れていたそうです。どこから水が漏れているのか、お客様も気にして見てくださったものの、水漏れ箇所がわからなかったとのことです。

水漏れは大きく分けて2種類があります。1つ目は、水を流したり、出したりした瞬間に漏れる水が見える水漏れで、そして2つ目は、水が漏れ出ているところが見えない水漏れです。この2つ目の水漏れは、水を流して30分から2時間ほど経過してから、見に行くと知らない間に水が漏れ出ているのです。

こちらのお宅のトイレを点検してみたところ、便座とタンクが一体になっているINAXの樹脂製タンク一体型のトイレでした。

交換前トイレ

30分ほど時間をかけて、点検をしてどこから水が漏れているのかお調べしましたが、原因がわからない状態でした。過去の経験から、ディストリビューターというパーツからの水漏れか、手洗い管の水がタンク内部から便器に伝わって床に落ちているものだろうと想像ができました。
ディストリビューターなど、1つ1つを修理をして、水漏れの原因を特定することも可能ですが、これではその分費用がかかってしまいます。またこちらのお宅のトイレは10年以上使用しているものなため、すでに使用されている内部パーツが劣化している可能性もあり、修理してもまたすぐに別の箇所で不具合が起こる可能性もありました。

さらには、こちらのお宅は温水洗浄便座と樹脂製タンクが一体型になっているトイレでしたが、こちらのお宅の温水洗浄便座は既に10年以上が経過をしていてそろそろ不具合がでやすい時期となっていました。

このようなトラブルでの選択肢は次が挙げられます。

・不具合が発生してからメーカーに温水洗浄便座の修理を依頼する
・一体型タンクを交換する
・便器とタンクと便座をまとめて交換する

実はタンクを交換するよりも、便器とタンクと便座をまとめて交換するほうが修理費用が安いのです。このことをお客様にお伝えし、さらにお見積りもご案内させていただき、どうなさるかお客様にお伺いをしました。お客様のご希望で今回は便器、タンク、便座のすべてを交換することとなりました。

タンクや便器内の水を予め抜いてから、水漏れする古いトイレを床面から取り外します。

取り外し作業中

適合する新しいトイレ便器や便座、トイレタンクを設置していきます。交換後は下の画像のような便器もタンクも陶器製のトイレとなりました。

交換後

作業後に、お客様と一緒にトイレの水が問題なく流れるかなどを確認致しました。床への水漏れも確認されませんでした。今回はトイレ全体の交換を行いましたが、部分的な修理も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

トイレの床に水が漏れる原因は?

さて、今回のお宅の水漏れはトイレの床面に水がいつの間にか溜まっているというものでした。トイレの床面に水が漏れてたまる原因についてご紹介します。

・トイレ便器とタンクの隙間からの水漏れ
便器とタンクの隙間に、密結パッキンが使用されているトイレがあります。パッキンは経年劣化をして変形をするため、パッキン使用部分の接続がゆるくなることがあるのです。そのため、パッキン使用部から漏れた水が伝わって床にたまることが考えられます。
また、ディストリビューターというパーツが使用されているトイレでは、このパーツに穴が開くことでも便器とタンクの隙間から水が漏れます。

・トイレタンクや便器のヒビ
トイレタンクは樹脂製や陶器製のものがあり、何らかの原因でひび割れることや割れることがございます。割れた部分から水が漏れて床に水がたまることもあります。

・便器と床の隙間からの水漏れ
便器はトイレ排水管に繋がっています。この排水管がつまると便器と床の隙間から水が漏れ、床が濡れることがあります。また便器と排水管の接続部に使用されているパッキンが経年劣化することでも水が漏れます。

一体型トイレは修理より交換をおすすめ致します

便座と樹脂製トイレタンクが1つになった一体型トイレは、修理より交換をおすすめ致します。不具合がある箇所を都度修理をしてももちろんトイレの不具合は解消され、また問題なく正常に使用ができるようになります。このような修理でも問題はありませんが、どうしても設置してから十数年が経過しますと、トイレに寿命が来るようにあちこちで不具合が生じるのです。これはトイレに使用されているパーツの経年劣化によるものです。故障のたびに複数箇所修理するよりも、まとめてトイレタンクや便器、便座を交換した方が修理費用が安いことがほとんどです。また、せっかく修理をしたのに、次に壊れたときはパーツが廃盤になって修理ができないことも考えられます。樹脂製タンクや一体型便座は汎用品を使用しての修理ができないために純正パーツが廃盤になると交換するしか方法がないこともあり得ます。結果的に交換するのであれば、修理した費用がもったいなくもありますよね・・・。そのため、当社では一体型トイレは、パーツごとの修理や温水洗浄便座のみ、タンクのみではなく、トイレまるごと交換をおすすめしているのです。

トイレのメーカー名・品番の調べ方

トイレの便器やタンクは大きさなど規格が複数あります。適合性を調べるためにも、事前に現在ご使用中のトイレのメーカー名、品番をお伺いしておりますのでご協力をお願いします。

TOTOやINAXなどメーカー名は、トイレタンクの正面に書いてあることが多いですので、ご確認してみてください。トイレ便器は便器に向かって左側面に記載がある場合がありますのでご確認ください。

トイレ

メーカー名や品番の印字が消えていることや、ラベルが剥がれていることもあります。万が一わからない場合は、トイレのフタを閉めた状態でトイレ全体の写真を当社のメールフォームまでお送りください。
また、便器側面など目視がしづらい場合は、手鏡やカメラモードにしたスマートフォンをかざしてみると、確認しやすくなりますのでお試しください。

ご相談からトイレ交換までの流れ

1.お問合せ・ご相談
フリーコール、メールフォームまでお問合せ、ご相談ください。

2.お見積りのご案内とお申込み
トイレ交換に関するお見積りのご提示をさせて頂きますので、ご納得いただけましたら書面またはインターネットでお申込みをお願いします。

3.商品取り寄せ
ご希望トイレタンクや便器などのトイレ商品をメーカーから取り寄せをします。お取り寄せには通常1週間前後かかりますので予めご了承ください。メーカーの生産状況や物流の状況によって取り寄せまでの日数が前後する可能性があります。
当社にはいくつか便器やタンクの在庫がありますので、お急ぎのお客様への対応も可能な場合がございます。

4.交換工事
商品入荷後にお客様にご連絡を差し上げています。ご都合の良い日に工事に伺います。

ご相談・お問い合せ・お申込み

フリーコール:0120-922-311

※メールフォームはこちらをクリック

可能な限り即日対応にてお伺いいたします。

平日も土日も朝8時から夜8時まで通常営業
出張無料・作業をともなわない点検と見積り無料・ご相談無料

【対応エリア】
埼玉県の全域

さいたま市・上尾市・川口市・戸田市・蕨市・越谷市・三郷市・久喜市・幸手市・春日部市・草加市・八潮市・吉川市・伊奈町・蓮田市・白岡市・宮代町・杉戸町・松伏町・川越市・ふじみ野市・富士見市・所沢市・朝霧市・和光市・新座市・狭山市・入間市・日高市・鶴ヶ島市・坂戸市・飯能市・東松山市・三芳町・川島町・滑川町・嵐山町・毛呂町・鴻巣市・加須市・熊谷市・桶川市・北本市・吉見町・羽生市・行田市・深谷市・美里町・本庄市

東京都の多摩地域と23区内の一部地域

西東京市/武蔵野市/東久留米市/東村山市/東大和市/武蔵村山市/小平市/国分寺市/立川市/国立市/清瀬市/三鷹市/小金井市/豊島区/北区/中野区/練馬区/板橋区/杉並区/足立区/葛飾区/荒川区/

-トイレの記事, 埼玉東部地域の記事, 工事例の記事, 記 事

Copyright© 埼玉水道修理サービス , 2020 All Rights Reserved.