工事例の記事 記 事

【埼玉県】キッチン水道蛇口の水漏れで水栓交換をした工事例

このページでは、水漏れするキッチン水道蛇口の水栓交換をした工事例を画像を用いてご紹介しております。

水漏れするキッチン水道蛇口を交換した工事例

先日、埼玉県内にお住まいのお客様から、「キッチン水道蛇口から水漏れしていて、困っている。古い水栓を使っているので、これを機に新しい水栓に交換することも視野に入れている。とにかくすぐに来てほしい。」とご連絡が入りました。さっそく、当社の技術スタッフが修理訪問して、水漏れするキッチン水道蛇口を点検しました。

交換前キッチン水栓

こちらが水漏れするキッチン水道蛇口です。点検したところ、吐水口からポタポタと水が漏れているのが確認できました。吐水口とは、キッチン水道蛇口の水が出てくる部分のことです。水栓カートリッジというパーツを交換することでも修理することが可能したが、お客様のご希望で水栓全体を新しいものに交換することになりました。
キッチン水道蛇口の交換は、水栓本体だけでなく、給水ホースも一緒に交換します。キッチンシンク下の収納扉を開けて、給水ホースを抜きます。

交換前シンク下給水管

上の画像で蛇口ハンドルが写っていますが、こちらがキッチン水道蛇口の止水栓です。この止水栓を閉めると、キッチン水栓蛇口に供給される水が停止しますので、止水栓を閉めてから交換作業をします。

交換後水栓

適合するキッチン水栓に交換した後の写真です。この水栓はメーカーTOTOから今年の4月に発売されたばかりのGGシリーズという商品です。お値段のわりに高級感のある洗練されたデザインがうけて人気のある商品になります。

交換後シンク下給水管

給水ホースもこのように新しくなりました。

事前にお客様からキッチン水栓のメーカー名と品番をお伝え頂いたので、このようにスムーズに適合する新しいキッチン水栓をご用意することができました。
今回のお宅のキッチン水道蛇口は、台付きシングルレバー水栓というタイプでしたが、当社はどのようなタイプのキッチン水道蛇口でも修理、交換をしております。修理訪問の車にキッチン水栓を常に積んでおりますので、急な水栓交換のご依頼でも可能な限り迅速に対応させていただきます。

キッチン水道蛇口の水漏れ箇所別の原因

今回取り上げたキッチン水道蛇口の水漏れ原因は、水栓カートリッジの劣化でしたがキッチン水道蛇口の水漏れ原因は複数あるのです。ここでは、キッチン水道蛇口の水漏れ箇所別に、水漏れ原因をご紹介していきます。

・吐水口からのポタポタ水漏れ
水が出てくる部分である吐水口からポタポタと水が漏れる場合は、水栓カートリッジの不具合が原因として考えられます。水栓カートリッジを新しいものに交換することで、修理ができます。また、レバーハンドルで止水しても水が止まりにくい場合も水栓カートリッジの不具合が考えられます。

・水栓本体と脚部の間からの水漏れ

水漏れ原因1

上の画像のように水栓本体と脚部の間からの水漏れは、パッキンの劣化やナットの緩みが考えられます。パッキンを交換する、ナットを締めることで修理します。

・レバーハンドルの下からの水漏れ

水漏れ原因2

レバーハンドルの下から水が漏れている場合は、水栓カートリッジの劣化、パッキンの劣化が考えられます。

・スパウトの下からの水漏れ

水漏れ原因3

水栓で前に飛び出した部分をスパウトと呼びます。このスパウトの下からの水漏れの原因は、カートリッジの劣化、パッキンの劣化が考えられます。

レバーハンドル下からの水漏れと、スパウト下からの水漏れは、どちらも水栓根元に水が溜まるため、どこからの水漏れか一見わかりにくいことがあります。当社の技術スタッフは経験豊富な目でしっかりと点検をして水漏れの場所や原因を特定していきます。

ここでご紹介したように、キッチン水道蛇口の水漏れ原因は、水栓内部に使用されているパーツの不具合であることが多いです。パーツを新しいものに交換することで修理も可能となりますが、古い水栓の場合はパーツ交換修理ではなく、新しい水栓に交換することをおすすめしております。

長く使用したキッチン水道蛇口は交換もおすすめ

キッチン水栓蛇口だけでなく、風呂場、洗面所など水栓全体に言えることですが、水栓には寿命があります。一定の年数を超えると、水栓のあちこちで不具合が生じていきます。使用状況などに差はありますが、十数年が経過すると、キッチン水道蛇口のあちこちで不具合が生じやすく、寿命と言えるのです。
古い水栓でも、お客様のご希望によって不具合のあるパーツを交換して修理を致しますが、修理をしてもまたすぐに別の場所で不具合が生じる可能性も高くなります。そのため、当社では、古い水栓をご使用のお宅に水栓交換をおすすめさせて頂くことがあります。事前に、修理費用の見積もりや修理内容を必ずお伝えしますので、修理にするか、水栓交換をするかご希望をお聞かせください。

水漏れが止まらない時の対処法

レバーハンドルの故障や内部パーツの故障で、水が出続けて止まらないことがございます。ジャージャーと水が出続けて止まらない場合は、ここでご紹介する対処法をお試しください。

【キッチン止水栓を閉める】

止水栓

キッチンシンク下の収納扉を開けて、上の画像のようなハンドルがないかご確認ください。ハンドルがありましたら、止水栓を閉めてください。ハンドルを右回り(時計回り)に回すと止水ができます。

【水道元栓を閉める】
キッチン止水栓が固くて閉まらない場合は、水道元栓を閉めることをおすすめします。水道元栓はキッチンではなく、屋外の地面にございますので、地面に青色の「量水器」と書かれたフタがないかご確認ください。ありましたらフタを開けて中にある止水栓を閉めてください。ハンドルタイプであれば、右回り(時計回り)に、レバータイプであれば、反対側に倒すことで止水できます。

マンションなどの集合住宅では、地面に水道元栓がない場合があります。玄関扉の左右どちらかに金属製の扉がありましたら、扉を開けて中の水道元栓を閉めてください。
なお、水道元栓を閉めると部屋全体の水の供給がとまります。

キッチン水道蛇口のメーカー、品番の調べ方

キッチン水道蛇口のパーツは大きさが複数あるため、メーカー、品番によって適合しない場合があります。事前に当社にご自宅のキッチン水栓のメーカー名、品番をお伝え頂けますと修理がスムーズとなりますので、ご協力をお願いいたします。

TOTOキッチン水栓

キッチンTOTO

リクシルキッチン水栓

キッチンリクシル

KVKキッチン水栓

キッチンKVK

キッチン水栓のメーカー名、品番ラベルは水栓の根元など見えにくい箇所に貼られていることがありますので、手鏡や携帯電話のカメラをかざしてご確認していただくと、見やすいかと思います。ラベルが剥がれている場合などでキッチン水栓のメーカー名や品番がわからない場合は、水栓の画像を当社にお送り頂けましたらメーカーへ問い合わせを致します。その際はキッチン水栓の一部の画像ではなく、キッチン水栓全体が画像に収まるよう撮影していただきますようお願いします。

ご相談・お問い合せ・お申込み

フリーコール:0120-922-311

※メールフォームはこちらをクリック

可能な限り即日対応にてお伺いいたします。

平日も土日も朝8時から夜8時まで通常営業
出張無料・作業をともなわない点検と見積り無料・ご相談無料

【対応エリア】
埼玉県の全域

さいたま市・上尾市・川口市・戸田市・蕨市・越谷市・三郷市・久喜市・幸手市・春日部市・草加市・八潮市・吉川市・伊奈町・蓮田市・白岡市・宮代町・杉戸町・松伏町・川越市・ふじみ野市・富士見市・所沢市・朝霧市・和光市・新座市・狭山市・入間市・日高市・鶴ヶ島市・坂戸市・飯能市・東松山市・三芳町・川島町・滑川町・嵐山町・毛呂町・鴻巣市・加須市・熊谷市・桶川市・北本市・吉見町・羽生市・行田市・深谷市・美里町・本庄市

東京都の多摩地域と23区内

西東京市/武蔵野市/東久留米市/東村山市/東大和市/武蔵村山市/小平市/国分寺市/立川市/国立市/清瀬市/三鷹市/小金井市/豊島区/北区/中野区/練馬区/板橋区/杉並区/足立区/葛飾区/荒川区/江戸川区/江東区/墨田区/台東区/文京区/新宿区/渋谷区/港区/千代田区/中央区/世田谷区/目黒区/品川区/大田区

そのほかの地域

茨城県古河市/坂東市/守谷市/境町
千葉県野田市/流山市/柏市/我孫子市

-工事例の記事, 記 事

Copyright© 埼玉水道修理サービス , 2020 All Rights Reserved.