トイレの記事 工事例の記事 記 事

埼玉でイナックストイレDT-811Zの折れたオーバーフロー管交換

トイレの水が流れ続けて止まらないトラブルのご相談をよく頂きます。そこでこのページでは、実際当社が行ったトイレの水が止まらないトラブルの修理例を紹介します。
今回も即日対応ですぐに修理しましたよ。

イナックス(INAX)DT-811Zのオーバーフロー交換修理事例

埼玉県内にお住まいのお客様から、「トイレの水が流れていて止まらない。かなりの勢いで流れ続けているので、修理に来てほしい。」とのご連絡がお電話でありました。

すぐに理訪問をして状況の確認をしました。確かに便器にトイレの水がジャージャーと流れ続けています。お客様によると、今朝からこの状態なのだそうです。なぜトイレ便器に水が流れ続けるのか、その原因を調べるために、トイレの点検を行いました。次の画像は今回のお客様宅のトイレタンクに記載の品番です。

トイレタンク品番の画像

イナックス(INAX)トイレのDT-811Zという品番のトイレタンクでした。トイレの水の流れが止まらないトラブルは珍しいものではありません。トイレタンクのフタをあけて点検を行いました。

トイレタンク内

タンク内を点検したところ、オーバーフロー管が折れていることが判明。このことが原因でトイレタンク内の水が流れ続けて止まらなかったのです。
簡単にオーバーフロー管について説明します。
トイレタンク内には水がたまっています。洗浄レバーを回すと、便器に水が流れ、一定時間が経過すると水は止まり、タンクには次に洗浄するための水がたまる仕組みになっています。タンクから水は不思議と溢れません。その仕組みで重要なのがオーバーフロー管。このオーバーフロー管は、タンク内の水が溢れないようにするためのパーツです。こちらは経年劣化をして、折れることやひび割れることがあります
折れたオーバーフロー管の穴の部分から、トイレタンク内の水が便器に流れ続けるのです。オーバーフロー管に小さなひびが入った程度であれば、チョロチョロと便器に水が流れますが、今回のお宅では折れてしまったため、勢いよく流れたのでしょう。

オーバーフロー管が折れていることと、修理方法や修理費用の見積もりをお客様にご案内したところ、すぐにご了承を得ることができましたので、修理に入ります。

オーバーフロー管を交換するためにトイレタンクを便器から外します。下の画像はトイレタンクの底部分を手前にして撮影しています。

トイレタンク外し

下の画像がオーバーフロー管です。

交換用オーバーフロー管

折れたオーバーフロー管を適合する新しいオーバーフロー管に交換をします。
交換修理後に、トイレの水が流れ続けないかどうかお客様と一緒に確認致しました。

オーバーフロー管の交換修理の料金目安

当社では、オーバーフロー管の交換修理は状況により異なりますがおおむね税別1万円台後半から2万数千円で承っています。
税込みだと2万円はかかるが3万円はかからないとお考えください。
トイレタンク内のパーツは10年ほどで経年劣化をします。オーバーフロー管の不具合以外にも水が止まらない原因があれば、修理項目が増えることがあります。そのような場合でも、当社は必ず事前にお客様にお伝えします。ご不明点などありましたら、スタッフまでお問合せください。

トイレの水が止まらない時の対処法、応急処置

トイレの水が流れ続けて止まらず、すぐに修理依頼をしても、業者が一瞬で来るわけではありませんよね。それまで何もしないと、水がもったいない、水道代がかさむのでは?と思うかと思います。ここでは、業者が来るまでにご家庭でできる簡単な対処法を記載しますので、ぜひお試しください。

【トイレ止水栓を閉める】
トイレには止水栓というものがあります。この止水栓を閉めることで、トイレに供給される水を停止させることができるのですよ。止水栓は、トイレの壁と便器の間にあります。多くが銀色をしていますので、探してみてください。
参考までに、止水栓の場所がわかる画像を載せます。

止水栓

上の画像を頼りに、トイレ止水栓をお探しください。
止水栓はマイナスドライバーを使用して閉めますが、なくても大丈夫。100円玉など硬貨で対応できます。
止水栓を右回りにまわして止水してください。止水栓が硬くて回らない場合や、止水栓が見つからない場合は、水道元栓で止水ができますので、次をご覧ください。

【水道元栓を閉める】
水道元栓でも止水が可能です。(トイレ止水栓で止水ができた場合は水道元栓を閉める作業は不要です。)
戸建て住宅の場合では、水道元栓が地面にありますので、「量水器」と書かれた四角いフタをまずお探しください。フタを見つけたら手で開けて、水道元栓をお探しください。大きな水道メーターが目につくと思いますが、その隣に水道元栓があります。ハンドルタイプであれば、右回りに、レバータイプであれば反対に倒すことで止水可能です。
集合住宅は地面ではなく、玄関扉左右どちらかにある金属製の収納扉内に水道元栓がありますのでご確認ください。止水の方法は、地面にあるタイプと同様です。

【バケツ洗浄方法】
トイレ止水栓や水道元栓で止水をすると、当然ですが、トイレに水が流れません。トイレを使用したあとにこれでは洗浄ができませんよね。しかし、ご安心ください。トイレの止水中でも洗浄方法がありますので、これから紹介する方法をお試しください。
まず大きめのバケツに水を6リットルほど用意しておきます。トイレ使用後にバケツの水を便器の水たまり箇所の排水口めがけて、3〜4秒でザバーと流します。このとき注意していただきたいのは、便器の手前である浅瀬を狙わないこと。水が飛び散りますので必ず奥にある排水口を狙ってください。水の飛散対策として、床にビニールシート、雑巾、新聞紙、ペットシーツなどを敷いておくこともおすすめします。

オーバーフロー管は何でも適合するわけではありません

今回ご紹介した修理事例では、イナックス(INAX)のdt811zというトイレタンクに適合する新しいオーバーフロー管に交換をしました。オーバーフロー管は、どのようなトイレタンクでも適合するわけではありません。
そのため、当社では適合性を調べるために事前にトイレタンクのメーカー名、品番をお伺いしておりますので、ご協力をお願いします。

INAX

このようにトイレタンクのメーカー名と品番は、トイレタンク正面または側面にありますので、ご確認ください。
印字が消えているなどで、メーカー名や品番が分からない場合は、トイレ全体の写真を撮影していただき、その画像を当社メールフォームよりご送信ください。

ご相談・お問い合せ・お申込み

フリーコール:0120-922-311

※メールフォームはこちらをクリック

可能な限り即日対応にてお伺いいたします。

平日も土日も朝8時から夜8時まで通常営業
出張無料・見積り無料・ご相談無料

【対応エリア】
埼玉県の全域

さいたま市・上尾市・川口市・戸田市・蕨市・越谷市・三郷市・久喜市・幸手市・春日部市・草加市・八潮市・吉川市・伊奈町・蓮田市・白岡市・宮代町・杉戸町・松伏町・川越市・ふじみ野市・富士見市・所沢市・朝霧市・和光市・新座市・狭山市・入間市・日高市・鶴ヶ島市・坂戸市・飯能市・東松山市・三芳町・川島町・滑川町・嵐山町・毛呂町・鴻巣市・加須市・熊谷市・桶川市・北本市・吉見町・羽生市・行田市・深谷市・美里町・本庄市

東京都の多摩地域と23区内

西東京市/武蔵野市/東久留米市/東村山市/東大和市/武蔵村山市/小平市/国分寺市/立川市/国立市/清瀬市/三鷹市/小金井市/豊島区/北区/中野区/練馬区/板橋区/杉並区/足立区/葛飾区/荒川区/江戸川区/江東区/墨田区/台東区/文京区/新宿区/渋谷区/港区/千代田区/中央区/世田谷区/目黒区/品川区/大田区

そのほかの地域

茨城県古河市/坂東市/守谷市/境町
千葉県野田市/流山市/柏市/我孫子市

-トイレの記事, 工事例の記事, 記 事

Copyright© 埼玉水道修理サービス , 2020 All Rights Reserved.