工事例の記事 記 事

【埼玉県】紙おむつがつまったトイレの修理例

このページでは、トイレに紙おむつがつまった埼玉県のお宅の修理例をご紹介しております。

紙おむつがつまったトイレの修理例

埼玉県内にお住まいのお客様から、お電話で「トイレに家族が紙おむつを流してしまったようだ。トイレがつまって使えないので、すぐに修理に来てほしい。」とご連絡を頂きました。すぐに技術スタッフが現場にかけつけ、事情をお伺いしました。修理前トイレ

こちらのご家庭には、高齢のご家族の方がいらして、うっかりと紙オムツを流してしまったとのことでした。
スタッフが現場を確認したところ、このような状態になっていました。
ご自宅でラバーカップと呼ばれる道具を使ってつまりを解消しようと作業されたようです。ラバーカップとは、上の画像に写る道具のことで、長い柄の先にお椀型のゴムがついています。こちらは、確かにトイレつまりを解消させるための道具ですが、トイレつまりの原因によってはラバーカップを使用すると、状況を悪化させることあるのです。ラバーカップは、排泄物、トイレットペーパーのつまりには対応しますが、それ以外のつまりには効果を発揮するどころか悪化させますので、ご使用はご注意ください。
さて、まずトイレの点検を行いました。トイレの点検をすることで、何がどのあたりにどのようにつまっているのかを確認します。点検したところ、確かにトイレ便器内に紙おむつがつまっているようでした。
トイレつまりは、つまりの原因となる固形物の位置など、つまりの状況に応じてトイレ便器をトイレ床面から取り外す作業が必要となることがございます。
点検の結果から、こちらのトイレにつまった紙おむつを取り出すためには、便器の取り外し作業が必要と判断しました。紙オムツは便器を取り外さずに取り出せることが少なくないのですが、もしかするとラバーカップ作業で奥の方向に押しやってしまったのかも知れません。修理費用のお見積りをお伝えしたところ、その場でご了承をいただけましたので、すぐに修理作業に入ります。

便器を床から取り外し、専用の道具で紙おむつを取り出しました。
トイレに詰まっていたもの

衛生上の理由によりあえてピンボケ画像を使用しましたが、ドロドロになった紙おむつが出てきました。紙おむつは吸水ポリマーという特殊な素材を使用しているため、水を含むと一気に数倍の大きさに膨らみます。この紙おむつも水分を吸収していたため、ドロドロになっていました。取り外していたトイレ便器を元に戻して、トイレの水が問題なく流れていくかを確認します。

修理後トイレ

修理前に点検をしてお見積り内容をお伝えし、ご納得いただいてから作業をしています。お見積りや修理内容にご不明点がありましたら、お気軽にスタッフへお問合せください。

紙おむつを流してしまったときの家でできる対応とやってはいけないこと

紙おむつをトイレ便器内に流してしまったときにご家庭でできる対応と、やってはいけないことをご紹介します。
・自分で取り出してみる
トイレ便器に紙おむつが浮いている、見えている状態であれば、このまま水で流してしまおうとは思わずに、手袋や割り箸をご使用えいただき、取り出してください。取り出しにくい場合は、便器内の水を灯油ポンプなどを使用して減らすと作業がしやすくなります。

・便器の排水口付近にあれば、かき出す
ぱっと見て紙おむつが見当たらず、すでに奥まで流れてしまったように見えても、実は便器の排水口付近にとどまっている場合もございます。長い棒のようなものを使って、手前にかき出してみてください。便器がキズついてしまうことがありますので、先端が尖ったものを使用する際はご注意ください。

・ラバーカップは使用しない
1つ前の項目ですでにご説明しましたが、紙おむつによるトイレつまりでは、ラバーカップはご使用なさらないようお気を付けください。

・水で押し流さない
レバーハンドルを何度も回して、大量の水で紙おむつを押し流そうとされる方もいらっしゃるかもしれませんが、つまりが悪化しますので、なさらないようご注意ください。

紙おむつを流さないためにご家庭でできる工夫

当社に紙おむつによるトイレつまりでご相談があるお宅は、ご高齢の方、認知症を患っている方がいらっしゃるご家庭が多く、繰り替えしこのようなトイレつまりが発生しているお宅も少なくはありません。すでにご家族の方は、ご尽力されていると思いますが、ここではご高齢の方が紙おむつを流さないためにできることをご紹介します。

・トイレの前にお声がけする
紙おむつをご使用になっている方がトイレに行く前にお声がけをしてみてください。「紙おむつを先にあずかっておくね。」「紙おむつは先に捨てておくね。」などお声がけが良いかと思います。

・トイレに付きそう
足腰が弱い方などには、トイレに付き添い、その際「紙おむつは先に回収しておくね」とお伝えするとよいかもしれません。

・目立つ位置にゴミ箱やバケツを設置する
便器に腰かけて目につく場所、手が届く範囲に目立つ色のゴミ箱やバケツを設置して、そちらに紙おむつを捨てるようにお伝えしてみてください。

・離床センサーの設置
ご高齢の方、認知症を患っている方が、ベッドから起き上がるとセンサーが感知をして、知らせてくれるシステムがございます。離床センサーを設置することで、夜間知らぬ間にトイレをご使用になって、いつのまにかトイレに紙おむつがつまっているという事象を事前に防ぐことができます。

紙おむつが自宅で取り出しやすいトイレへ交換

繰り返し紙おむつなどがつまると、修理依頼をするご家族の方の負担も大変かと思います。当社は介護用トイレへの交換も承っております。

介護用トイレ

介護用トイレとは、上の画像のように掃除口というものが設置されています。万が一、紙おむつなどを流してしまったときは、ご家族の方が自分でこの掃除口から紙おむつを取り出すことができる場合があります。
当社はトイレ交換はもちろんですが、スタッフが丁寧に掃除口のフタの開け方、作業の仕方などをご説明致します。トイレの交換をご希望の方もお気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合せ・お申込み

フリーコール:0120-136-132

※メールフォームはこちらをクリック

可能な限り即日対応にてお伺いいたします。

平日も土日も朝8時から夜8時まで通常営業
出張無料・作業をともなわない点検と見積り無料・ご相談無料

【対応エリア】
埼玉県の全域

さいたま市・上尾市・川口市・戸田市・蕨市・越谷市・三郷市・久喜市・幸手市・春日部市・草加市・八潮市・吉川市・伊奈町・蓮田市・白岡市・宮代町・杉戸町・松伏町・川越市・ふじみ野市・富士見市・所沢市・朝霧市・和光市・新座市・狭山市・入間市・日高市・鶴ヶ島市・坂戸市・飯能市・東松山市・三芳町・川島町・滑川町・嵐山町・毛呂町・鴻巣市・加須市・熊谷市・桶川市・北本市・吉見町・羽生市・行田市・深谷市・美里町・本庄市

東京都の多摩地域と23区内の一部地域

西東京市/武蔵野市/東久留米市/東村山市/東大和市/武蔵村山市/小平市/国分寺市/立川市/国立市/清瀬市/三鷹市/小金井市/豊島区/北区/中野区/練馬区/板橋区/杉並区/足立区/葛飾区/荒川区/

-工事例の記事, 記 事

Copyright© 埼玉水道修理サービス , 2020 All Rights Reserved.