埼玉全域と東京の水のトラブルと水道工事

埼玉水道修理サービス

トイレの記事

AmericanStandard(アメリカンスタンダード)トイレの水漏れ修理

東京都内のアパートでAmericanStandardブランドのトイレの水漏れ修理をしてきました。

このメーカーのトイレ修理は都内でも取り扱っている水道修理業者がほとんどないため、よくご依頼をいただきます。

ただ、全てのアメリカンスンダードのトイレ修理に対応しているわけではなく、タンクの形状が縦長タイプのみ対応しています。

横幅よりも縦サイズのほうが大きいかどうかを見ていただいて、縦長タイプの場合のみ修理ができる可能性があります。

横長タンクのアメリカンスタンダードのトイレは修理ができないため、タンクと便器をセットでTOTOやリクシルのトイレに交換しています。

 

アメリカンスタンダードトイレの水漏れ修理

トイレの水もれ

写真の水漏れが青く見えるのは、ブルーレットが入っているためです。

レバーを回して水を流すとコップ半分くらいの水が漏れていました。

修理中

20数年か経過して、いろんなパーツが劣化していたのですが、中でもタンクと便器の接続部にあった大きなパッキンの劣化と変形が激しかったです。

通常の38mmサイズのパッキンは合わないため、適合サイズを探して交換しました。

便器の接続部に窪みがあるので、取り付ける際は注意が必要です。

 

アメリカンスタンダードトイレの水が止まらない

水が止まらない

このページ上段で書いたトイレとは別のお客様宅のAmerican Standardタンクの中の写真です。

トイレの水が止まらない状態でした。

American Standardトイレタンクの中はパーツが干渉して水がで無くなったり、止まらなくなることがよくあります。

今回も回したトイレのレバーにボールタップというパーツが引っかかって水が止まらなくなっていました。

ボールタップを小型に交換して、とりあえず様子をみてもらうことにしました。

 

American Standardトイレをイナックスのトイレに交換

交換前のトイレ

このトイレは埼玉県内のアパートにあったAmerican Standardトイレです。

便座が割れているのと、タンクの下側に少量の水漏れがしていました。

アパートの大家さんと管理会社さんで何件かの水道屋に問い合わせたが、修理をしてくれるところが見つからかなったそうです。

一件の水道屋さんから当社のことを聞いて連絡をしてくれたと仰っていました。

修理のお見積りをしたのですが、次に故障したときにまた大変だから修理が簡単な日本のメーカーの普通のトイレに交換したいということで、数日後にトイレ全体を交換しました。

20数年が経過しているから、それが良いかも知れないね。

20数年が経過したアメリカンスタンダードのトイレはトイレ交換も含めて検討してほしい。

また壊れるとその時はパーツがない可能性もあるからね。

 

そういうことで、まずはお気軽に問合せください。

 

対応地域

埼玉県、東京都23区と多摩地域

 

ご相談・お問い合せ・お申込み

フリーコール:0120-922-311

※メールフォームはこちらをクリック

-トイレの記事

Copyright© 埼玉水道修理サービス , 2021 All Rights Reserved.