トイレの記事 工事例の記事 記 事

尿取りパットをトイレに流した時の対処法と埼玉県の修理例

尿取りパッドをご使用の方がいらっしゃるご家庭では、尿取りパッドをトイレに流して詰まるトラブルが発生することがあります。特に認知症を患っているご家族がいらっしゃる場合は、このようなトイレつまりが頻繁に発生することも…。このページでは、万が一トイレに尿取りパッドを落として流してしまったときにご家庭でできる対処法と、当社がおこなった修理例をご紹介しています。ぜひお役立てください。

尿取りパッドを自分で取り出す方法

トイレに流すつもりがなくても、尿取りパッドが下着から外れてしまい、便器内に落としてしまうこともありますよね。流すつもりはなくても運悪く流れていってしまうことも・・・。もし尿取りパッドを流してしまっても、慌てずに、ここで対処法をご紹介しますので、お試しください。

【尿取りパッドとはそもそもどんなもの?】

尿取りパット紙オムツ
尿取りパッドは排尿トラブルのある方が主に利用されています。尿取りパッドには、尿をしっかりと吸水し、外に漏れ出さないようにするために「吸水ポリマー」という特殊な素材を使用しています。この吸水ポリマーが水分を吸うと、尿取りパッドがずっしりと重くなり、膨張します。この膨張は非常に早く、便器内に尿取りパッドを落とすと、一瞬で膨張するのです。そのため、一見小さく見える尿取りパッドでも、便器の内部でパンパンに膨らみ詰まってしまいます。

【尿取りパッドを自分で取り出す方法】
まずはじめにトイレ便器内の水を減らして、排水口に手を入れてみてください。衛生上の問題もありますので、ゴム手袋などをはめることや割り箸をご使用されることをおすすめ致します。灯油ポンプを使用すると便器内の水が減らしやすいですので、お持ちの方はお試しください。便器の水が減って、排水口付近に尿取りパッドがありそうでしたら、手を入れてみて、取り出してください。
また、手を入れても取り出せない場合は、真空式パイプクリーナーという道具のご使用で尿取りパッドが取り出せる可能性もあります。

・真空式パイプクリーナーとは
真空式パイプクリーナーとは、画像の様に筒の先にゴムカップが付いたトイレのつまりを解消するための比較的に強力な道具のことです。

真空式パイプクリーナー

もしもこちらがご家庭にある場合は、ご使用になってみてください。
真空式パイプクリーナーの使い方を簡単にご紹介します。先端のお椀のようになっている部分がちょうど水に浸るくらいまで便器内の水を減らします。ハンドルを押し込んでから、先端のお椀部分を便器にすき間なく押しあてて、その後にハンドルを引いてください。この作業を何度も繰り返しおこなってください。イメージとしては、尿取りパッドを引っ張り出す感じです。引いた手ごたえなく重さを感じないときは作業をしても直りませんので、業者に修理依頼をされることをお勧めします。

作業の注意点としては、便器にお椀状のカップを押しあてた状態でハンドルを押し込まない様にしてください。
ハンドルを押し込むときはカップを便器から離しましょう。

・真空式パイプクリーナーはどこで買える?
真空式パイプクリーナーはネットショップで安いものですと2000円前後で購入ができます。ホームセンターでは売っている店舗が限られていることがあります。業者に依頼をして修理をする値段のことを考えると、真空式パイプクリーナーを購入した方が安く、また1つご家庭にあると安心な道具です。

・ラバーカップは?使っていいの?
ラバーカップとは、トイレつまり解消のための道具です。柄の先端にお椀型のゴムが付いていて、多くのラバーカップのお椀部分は黒色をしています。スッポン道具とも呼ばれ、一般家庭でもトイレに置いてあることがあるかと思います。ラバーカップは尿取りパッドによるトイレつまりには不向きですので、ご使用にならないようにご注意ください。

またトイレが詰まると水をジャージャーと大量に流して、水の勢いで詰まりを押し流そうとされることがあります。こちらは、尿取りパッドが詰まっている場合は、逆効果となります。大量の水で押し流そうとはしないようにお気をつけください。

汚水があふれた時の対処法

トイレが詰まると、便器に水が逆流することがございます。万が一汚水がトイレに溢れた場合の対処法をご紹介します。
まずは、汚水が溢れた場合はトイレ床面のふき取りをお願いします。トイレ床面は防水処理がされていませんので、水が浸み込むと最悪の場合、床下漏水や階下漏水の可能性もあります。そのため、なるべく早急なふき取りをおすすめします。
ふき取りが終わりましたら、除菌も必ず行ってください。ニオイの予防だけでなく、感染症予防にもつながります。

尿取りパットのトイレつまりを便器を取り外さずに直した作業例

尿取りパットのトイレつまりは、必ずしもトイレ便器を床面から取り外すとは限りません。つまりの状況によってはどうしても便器を床から取り外すことがありますが、ここでは、取り外さずに修理できた事例をご紹介します。

埼玉県にお住まいのお宅に修理に呼ばれて、お伺いしたところ、ご家族の方が尿取りパットをトイレに流してしまったとのことでした。点検で尿取りパットが便器内のどのあたりに詰まっているのか、つまりの状況をお調べしたところ、便器を床から取り外さずに作業ができそうでした。その旨お客様にお伝えをさせて頂いたところ、「他社から便器を取り外さないと直らないと言われた。便器を取り外さなくても修理ができるなら、すぐに修理をしてほしい。」とのことでした。修理作業の説明とお見積りをして、その場で申し込みを頂いたのですぐに作業を始めました。
下の画像は業務用の道具を使用して、詰まりの解消作業をしている様子です。

尿取りパットつまり

6分ほどの作業で尿取りパットを取り出せて、詰まりを解消することができました。便器を床から取り外さずに修理ができてよかった、とお客様もお喜びの様子でした。

このように、尿取りパットによるトイレつまりは、便器を床面から取り外さずに作業することも可能なのです。最初から便器を取り外すことを前提にお話を進める業者も残念ながらあります。そのような業者にはお気を付けください。
また、今回は尿取りパッドによるトイレつまりでしたが、ここでご紹介した修理方法と同じように大人用紙オムツ、介護用パンツも取り出すことができます。もしものことがありましたら、お役立てください。

ご相談・お問い合せ・お申込み

フリーコール:0120-136-132

※メールフォームはこちらをクリック

可能な限り即日対応にてお伺いいたします。

平日も土日も朝8時から夜8時まで通常営業
出張無料・作業をともなわない点検と見積り無料・ご相談無料

【対応エリア】
埼玉県の全域

さいたま市・上尾市・川口市・戸田市・蕨市・越谷市・三郷市・久喜市・幸手市・春日部市・草加市・八潮市・吉川市・伊奈町・蓮田市・白岡市・宮代町・杉戸町・松伏町・川越市・ふじみ野市・富士見市・所沢市・朝霧市・和光市・新座市・狭山市・入間市・日高市・鶴ヶ島市・坂戸市・飯能市・東松山市・三芳町・川島町・滑川町・嵐山町・毛呂町・鴻巣市・加須市・熊谷市・桶川市・北本市・吉見町・羽生市・行田市・深谷市・美里町・本庄市

東京都の多摩地域と23区内の一部地域

西東京市/武蔵野市/東久留米市/東村山市/東大和市/武蔵村山市/小平市/国分寺市/立川市/国立市/清瀬市/三鷹市/小金井市/豊島区/北区/中野区/練馬区/板橋区/杉並区/足立区/葛飾区/荒川区/

-トイレの記事, 工事例の記事, 記 事

Copyright© 埼玉水道修理サービス , 2020 All Rights Reserved.