トイレの記事 埼玉西部地域の記事 工事例の記事 記 事

検尿カップをトイレに落としたつまり!自分で直す対処法と業者修理

本来トイレに流すべきものではない、検尿カップを万が一に便器に落として、さらに運悪く流れていってしまったら、みなさんはどうなさいますか。このページでは、検尿カップをトイレに落として流れていってしまったときに、ご家庭でできる対処法や、それとは反対にやってはいけない作業をご紹介します。また当社が実際に行った検尿カップが詰まったトイレの修理事例も画像を用いてご紹介しております。

検尿カップをトイレに流したときに自分でできる対処法

健康診断などでご自宅で採尿をしなければならないことがあるかと思います。慎重に作業をしていたつもりで、便器のフチやトイレの棚などに検尿カップを置いたら、何かのはずみで便器に落として、さらに流れていってしまうこともあるのです。また手からぽろっと検尿カップが落ちてしまうことも・・・。ここでは、万が一に検尿カップをトイレに流したときに、ご家庭でできる対処法についてご紹介します。

【シリコン製の道具を使用してかき出す】
便器を覗いても検尿カップが見当たらないこともあるかと思いますが、実はまだトイレ便器排水口のすぐ近くにある可能性もございます。その場合は細長い道具を使用して、作業をしてみましょう。

〇用意するもの
シリコン製の調理器具(ヘラやターナーなど)

ビニールシートで養生をして、便器に水も減らし、さらに手袋を着用した上で作業をします。シリコン製のやわらかい15センチほどの棒状の道具を用意します。キッチン調理器具のターナーやヘラなどが作業しやすいかと思いますのでお試しください。便器排水口へシリコン製の道具を差し入れて、手前にないかかき出してみてください。なぜシリコン製の道具かと言いますと、便器は陶器でできているため、傷がつくことがあるのです。柔らかく曲がりやすい道具であれば、便器排水口にも入りやすくなります。

検尿カップをトイレに流したときにやってはいけない対処法

検尿カップをトイレに流してしまったときに、やってはいけないことがございます。ここでは2つのやってはいけないことをご紹介します。

【大量の水を流して押し流そうとする】
水をたくさん便器に流して、詰まった検尿カップを押し流そうという作戦は水道修理業者としてはおすすめできません。トイレ便器の内部は入り組んだ設計となっていて、狭い箇所があるのです。そこに検尿カップがぴたっと挟まるように引っかかっていますと、どんなに水を流しても詰まりは解消しません。便器に水がたまって溢れてくる可能性もありますので、大量の水は流さないようにお気を付けください。

【ラバーカップ作業をする】
トイレの詰まりと言ったらこれ!と思う方も多いでしょう。ラバーカップとは棒状の柄の先端にゴム製のお椀がついた道具で、すっぽん道具とも呼ばれることがある道具です。ラバーカップは確かにトイレ詰まりのイメージがあるかと思いますが、検尿カップが詰まったときに使用しますと、検尿カップをさらに奥へ押し込む可能性がありますので、使わないようにお気を付けください。

川越市の検尿カップが詰まったトイレの修理事例

ここで修理事例を1つ載せます。
先日に川越市にお住まいのお客様から「トイレに検尿カップを落としてそのまま流れていってしまった。トイレが詰まっているので、修理に来てほしい」と電話がありました。
すぐに修理に伺い、お客様から詳しいお話を聞いてみます。すると、健康診断のために朝に採尿をしたところ、手から検尿カップが落ちて流れてしまったそうです。

まずはこのお宅のトイレ便器のどのあたりに検尿カップが詰まっているのか状況を調べるために、トイレの点検を行います。

検尿カップつまり修理前

確かに何かが詰まっている状態でした。今回の検尿カップによるトイレ詰まりは、トイレ便器を床面から取り外す必要があると判断。お客様にこのことをお伝えし、これから行う修理作業の流れや、修理に関する費用のお見積りなどをお伝えさせて頂きました。お客様から、「それで直るならすぐにやってほしい」という同意を頂けましたので、修理に入ります。

トイレ便器とタンクにたまった水をあらかじめ抜いてから、便器をトイレ床面から取り外します。トイレ便器を床面から取り外すと、排水ソケットの部分に検尿カップがあるのを発見致しました。

兼用カップ修理中

これ以上奥へ流れていくと、トイレ排水管だったので、ギリギリのところで修理ができて良かったと思います。検尿カップを取り出し、元通りに便器とトイレタンクを元に戻して、お客様と一緒にトイレの詰まりが解消されているかを確認致しました。

今回のお宅では、トイレ床面から便器を取り外して修理を行いましたが、便器を取り外さずに修理できる場合もございます。検尿カップがどのあたりに詰まっているかという状況次第であるため、現地でトイレ点検をしてみないことにはわからないのです。
費用については、トイレの異物つまりの修理料金は8800円よりとなっております。流したものや状況により大きく料金が異なる可能性がありますので、最終的なお見積りは現地での点検時となります。あらかじめご了承ください。

また、世の中にはたくさんの水道修理業者が存在します。今回は便器を取り外しての修理となりましたが、便器を取り外さなくても修理ができることも少なくありません。その可能性を無視して現地で詰まりの状況を点検する前に、最初から便器を取り外す前提で修理を進めようとする業者はあまりおすすめはできません。料金設定も高いはずですから。

ご相談・お問い合せ・お申込み

フリーコール:0120-136-132

※メールフォームはこちらをクリック

可能な限り即日対応にてお伺いいたします。

平日も土日も朝8時から夜8時まで通常営業
出張無料・作業をともなわない点検と見積り無料・ご相談無料

【対応エリア】
埼玉県の全域

さいたま市・上尾市・川口市・戸田市・蕨市・越谷市・三郷市・久喜市・幸手市・春日部市・草加市・八潮市・吉川市・伊奈町・蓮田市・白岡市・宮代町・杉戸町・松伏町・川越市・ふじみ野市・富士見市・所沢市・朝霧市・和光市・新座市・狭山市・入間市・日高市・鶴ヶ島市・坂戸市・飯能市・東松山市・三芳町・川島町・滑川町・嵐山町・毛呂町・鴻巣市・加須市・熊谷市・桶川市・北本市・吉見町・羽生市・行田市・深谷市・美里町・本庄市

東京都の多摩地域と23区内の一部地域

西東京市/武蔵野市/東久留米市/東村山市/東大和市/武蔵村山市/小平市/国分寺市/立川市/国立市/清瀬市/三鷹市/小金井市/豊島区/北区/中野区/練馬区/板橋区/杉並区/足立区/葛飾区/荒川区/

-トイレの記事, 埼玉西部地域の記事, 工事例の記事, 記 事

Copyright© 埼玉水道修理サービス , 2020 All Rights Reserved.