工事例の記事 記 事

埼玉でトイレの掃除ブラシが折れたトイレつまり修理の工事例

このページでは、トイレ掃除用ブラシが折れてつまったトイレの修理工事例をご紹介しております。

トイレの掃除ブラシが折れてつまったトイレの修理工事例

埼玉県内にお住まいのお客様から、電話で「トイレ掃除をしていたら、ブラシの先端が折れて、流れていってトイレがつまった。すぐにトイレのつまりを修理してほしい。」とご連絡を頂きました。すぐに近くの拠点から技術スタッフがお客様のご自宅へ修理訪問しました。

ブラシつまり修理前

トイレ掃除用ブラシの先端を流してしまったとのことでしたので、トイレつまりの原因である掃除用ブラシがどのあたりの位置で、どのようにつまっているのか、最初にトイレの点検を行いました。トイレ便器は、狭い箇所もあり、小さなトイレブラシの先端でもつまることがございます。トイレ便器の排水口付近にトイレブラシがつまっていれば、比較的容易に修理することが可能です。しかし、今回のケースでは点検の結果から、トイレ便器を床面から取り外す必要があると判断しました。お客様に、トイレ便器を取り外す必要があること、修理費用見積もり、修理方法についてご説明させていただきました。すぐにお客様のご同意いただけましたので、さっそくに修理を行います。

トイレ止水栓

上の画像にありますトイレ止水栓を閉めて、トイレに供給される水を一旦止めます。

灯油ポンプ

トイレ便器を床面から取り外す前には、便器内に溜まった水を抜く必要がございます。灯油ポンプを利用して、便器内の水をバケツに移して水を抜きます。

便器取り外し

トイレ便器を床面から取り外したところ排水管の入口にトイレブラシ先端が詰まっていました。

詰まったトイレブラシ

上の画像のブラシがトイレ便器内につまっていました。ブラシを取り出して、便器を床に元通りに設置し、締めていた止水栓を開け水が供給されるようにします。問題なくトイレが使用できるかどうかを最後に確認しました。

ここまでご紹介したお宅では、点検の結果からトイレ便器を床面から取り外す作業が必要となりましたが、便器を取り外さずに修理することができる場合もございます。別のお宅で、トイレのつまり修理を便器を取り外さずに行った時の様子をご覧ください。

ローポンプ

こちらはローポンプという道具を使用してトイレつまりの修理を行っている様子です。このローポンプはトイレつまりの原因によっては使用が向かない場合がございます。ローポンプは、圧力を利用してトイレつまりを修理するための道具で、ラバーカップの数倍の力があります。頑固なトイレつまりに効果を発揮する道具です。
このように、トイレつまりの原因やトイレつまりの位置によって、トイレ便器を床面から取り外すかどうかが決まります。当社スタッフが、経験豊富な目でしっかりと点検をして、修理方法を見極め、最適な修理内容をご提案させて頂きます。

掃除用トイレブラシの先端がつまったトイレの修理費用

トイレつまりの修理料金は8800円となり作業や状況により異なりますが、トイレブラシのつまり解消料金は税別12000円からのご予算をみてください。修理前には必ず、費用見積りをお客様にご案内させて頂いております。明朗会計を心がけており、万が一に見積もりにご不明点などがありましたら、スタッフまでお気軽にお問合せください。

掃除用トイレブラシの先端がトイレにつまった時の対処法

トイレの掃除中につい力が入ってブラシの先端が折れてしまうこともあるかと思います。ここでは、トイレにトイレブラシの先端を流してつまらせてしまった時の対処法をまとめています。

・ブラシが見えている場合は、割り箸などを使って、ブラシを取り出す。
トイレブラシの先端がトイレ便器排水口付近にあり見えている場合は、長い棒や割り箸などを使ってブラシを取り出してください。便器に水が溜まっていると、取り出し作業がしにくいため、このページの冒頭の修理画像のように灯油ポンプで予め便器内の水を抜いてから作業をすることをおすすめします。水の飛び散り予防に、トイレ床面にビニールや雑巾を敷くこともおすすめ致します。

・トイレ排水口付近にブラシがないか確認してみる。
便器を覗いてみて、ブラシが見当たらない場合も、排水口付近にある可能性もありますので、長い棒などを使って排水口付近にないか、かき出してみてください。この時、先端が尖った棒を使用しますと、陶器製の便器に傷がつきますのでお気を付けください。

これらをご自宅でお試しいただいても、トイレつまりが解消されない場合は、どうぞお気軽に当社へご相談ください。

掃除用トイレブラシの先端がトイレにつまった時にやってはいけないこと

・大量の水を流してトイレブラシを押し流さない
折れたブラシ先端が便器内に入っていった時にブラシを手や棒で取り出すのに抵抗があり、便器に水を大量に流してブラシを押し流してしまおうと思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、大量の水でブラシを押し流す方法はおすすめできません。トイレ便器内は入り組んだ形になっていて、狭い箇所もございます。小さく見えるトイレブラシでも便器内の隙間に挟まってつまるのです。水で押し流さず、可能であれば、修理まであトイレのご使用も控えていただくことおすすめ致します。

・ラバーカップは使わない
トイレのつまりを解消させる道具としてよくイメージされるラバーカップ。すでにご存じかと思いますが、念のためにラバーカップについてご説明させていただくと、ラバーカップとは、長い柄の先にゴム製のお椀型のカップがついたトイレつまり解消のための道具です。スッポン道具と呼ばれることもあります。こちらは、トイレットペーパー、排泄物によるトイレつまりには効果を発揮しますが、トイレブラシによるトイレつまりの解消には向きません。むしろ、トイレブラシがつまっているトイレにラバーカップを使用すると、ブラシがさらに便器の奥へ移動してつまりを悪化させる可能性もありますので、ご使用はおすすめしません。

当社は埼玉県のどのようなトイレのつまりでも修理をしておりますので、どうぞお気軽にお問合せください。

ご相談・お問い合せ・お申込み

フリーコール:0120-136-132

※メールフォームはこちらをクリック

可能な限り即日対応にてお伺いいたします。

平日も土日も朝8時から夜8時まで通常営業
出張無料・作業をともなわない点検と見積り無料・ご相談無料

【対応エリア】
埼玉県の全域

さいたま市・上尾市・川口市・戸田市・蕨市・越谷市・三郷市・久喜市・幸手市・春日部市・草加市・八潮市・吉川市・伊奈町・蓮田市・白岡市・宮代町・杉戸町・松伏町・川越市・ふじみ野市・富士見市・所沢市・朝霧市・和光市・新座市・狭山市・入間市・日高市・鶴ヶ島市・坂戸市・飯能市・東松山市・三芳町・川島町・滑川町・嵐山町・毛呂町・鴻巣市・加須市・熊谷市・桶川市・北本市・吉見町・羽生市・行田市・深谷市・美里町・本庄市

東京都の多摩地域と23区内の一部地域

西東京市/武蔵野市/東久留米市/東村山市/東大和市/武蔵村山市/小平市/国分寺市/立川市/国立市/清瀬市/三鷹市/小金井市/豊島区/北区/中野区/練馬区/板橋区/杉並区/足立区/葛飾区/荒川区/

-工事例の記事, 記 事

Copyright© 埼玉水道修理サービス , 2020 All Rights Reserved.