埼玉全域と東京の水のトラブルと水道工事

埼玉水道修理サービス

トイレの記事 工事例の記事 記 事

川越市でトイレの水が流れっぱなしで止まらない(修理事例)

川越市とその周辺地域の対応は、南大塚拠点からおうかがいしています。

このページでは、川越市の賃貸物件でトイレの水が流れっぱなしで止まらないトラブルを修理した事例をご紹介しています。

トイレの水がジャージャー、チョロチョロと流れっぱなしのお宅と、水漏れが確認されたお部屋の管理会社さま、オーナーさま向けに記載しましたのでご参照ください。また、検尿カップを落としてトイレがつまった事例についても最後に記載しています。

さて、少し前のことですが、賃貸物件の管理会社さまから川越市にある物件で「トイレの水が便器に流れっぱなしで止まらない」と入居者さまから連絡があったという相談をいただきました。

他社に依頼をしたところ、珍しいタイプのユニットバス内のトイレのため対応ができないと断られてしまい当社にお話があったのです。
どんなタイプのトイレかと言うと、トイレタンクが洗面台に隠れているタイプとのことでした。たしかに珍しいですね。

あいにく修理が立て込んでいて、すぐに現場に向かうことができず、2~3時間後くらいの対応でよければとお伝えしたところ、ご了承をいただけましたので、依頼を引き受けることにいたしました。
入居者さまに電話をかけて、水道元栓をしめておくようにお願いをして、管材屋で必要部材を手配して現場に向かいました。

原因はオーバーフロー管の折れ

賃貸物件のトイレ(オーバーフロー管が折れている)

上の画像が今回の現場のトイレを撮影したものです。トイレタンクが洗面台で隠れていることがお分かりになるかと思います。ちなみに、画面右側に洗面台があります。

トイレの点検をしたところ、オーバーフロー管が折れていることが発覚いたしました。

折れたオーバーフロー管

オーバーフロー管について簡単に解説しますね。
【オーバーフロー管とは】
オーバーフロー管とは、トイレタンク内にあるパーツの1つです。トイレタンクは水だけが入っているのではなく、さまざまなパーツが入っています。複数のパーツが組み合わさり、正常に働くことでトイレに水を流し、一定時間が経過すると便器に流れる水が止まるのです。複数あるパーツのうち、どれか1つでも不具合があると、なんらかのトラブルが生じます。

下の画像のように、オーバーフロー管は筒状のパーツです。

オーバーフロー管

このように、シュノーケルのようなパーツです。
こちらは、タンク内にあるパーツですから水に長く浸っているため、経年劣化することがあります。劣化すると、ひび割れたり、折れたりすることがあるのですよ。

オーバーフロー管が折れると、その折れた部分にタンク内の水が吸い込まれ、便器へ水が流れ出し、ジャージャーと流れて止まらなくなるのです。

オーバーフロー管の折れ具合によって、水漏れ具合が異なります。ぽっきりと折れている場合は、ジャージャーと便器に水が流れ出ます。トイレ使用後いつまでたっても便器に水がジャージャーと流れ続ければ、気が付きますよね。「トイレ便器に水が流れてとまらない!」と修理依頼をする方がほとんどです。

しかし、オーバーフロー管のひび割れでは、ひび割れ程度によっては便器にチョロチョロとごくわずかな量しか漏れ出ないため、水漏れ発覚に気が付きにくいこともあるのです。水面に小さな波紋が出るくらいの水漏れだと気が付きにくくなります。

見積りと修理

現場には入居者さまだけが立ち合いでいらっしゃり、管理会社さまはご都合で立ち会えない状態でした。

入居者さまにオーバーフロー管が折れていることをお伝えし、現場から管理会社さま宛に電話を入れて、オーバーフロー管が折れていることや修理に関する費用についての見積もりをお伝えします。

当社では、このような場合は正式なお申込みを、メールでお願いさせていただいています。

お客さまにとってはメールでのお申込みはお手間になるかもしれませんが、電話でのお見積りで万が一聞き間違えがあると、後にトラブルになる可能性があります。お互いに不要なトラブルを避けるためにも、現場で直接お申込みができない場合に限りメールでのお申込みをお願いしています。

折れたオーバーフロー管をトイレタンクから取り出して、適合する新しいオーバーフロー管に交換いたしました。

折れたオーバーフロー管の修理後

試しにトイレ洗浄レバーをまわして水を流すと、ジャーっと通常通りに水が流れ、その後一定時間がすぎると流れる水がきちんと止まることを確認いたしました。

ご請求とお支払い

当社では、オーナーさま、管理会社さまにはできる限り工事現場での立ち合いをしていただき、完了後には現金払いをお願いしております。しかし、現場にすぐにかけつけることができない遠方のオーナーさま、管理会社さまであれば立ち合いは難しいかと思いますので、このような場合は請求書払いでも対応しております。

今回のオーバーフロー管が折れてしまった現場では、請求書ファイルをメールでお送りしました。

水道元栓のしめ方

※ペルソナが水が流れっぱなしで止まらないことで困っている人かと思うため、元栓のしめ方は、知りたい情報だと判断しました。前書きでも水道元栓をしめることを指示しているので、読者は具体的な方法が気になるかと思い追加しています。文字数稼ぎのように受け取られる場合は、削除しますので、ご指摘ください。

トイレ便器に水がジャージャーと流れて止まらない場合は、水道元栓をしめましょう。ただし、これで水漏れが「直る」わけではありません。水漏れが一時的に「止まる」だけであり、根本の解決にはなりませんので水漏れがある場合は業者を呼ぶことをおすすめします。水道元栓をしめる作業は、業者が到着するまでの応急処置とお考えください。

【水道元栓がある場所】
水道元栓は、戸建て住宅の場合は、敷地内の地面、集合住宅の場合は玄関扉左右どちらかにある金属製の扉内にありますので、お探しください。戸建て住宅の場合は、地面に量水器と書かれているフタをあけた内部にあることが多いですので、参考にしてみてください。

【水道元栓のしめ方】
戸建て住宅、集合住宅ともに水道メーターの横に水道元栓がありますので、見つけたたら時計回り(右回り)にまわします。レバータイプであれば反対に倒してください。蝶番タイプであれば90度にまわすと止水ができます。

【注意点】
水道元栓をしめると、トイレ以外の水も止まりますので、ご注意ください。
集合住宅の場合は、隣の部屋の水道元栓をしめないように気を付けましょう。

川越市のトイレつまり修理事例

さて、ここからは川越市内にある別のお宅での修理事例をご紹介いたしますので、お付き合いください。

お客さまから、トイレに検尿カップを流してしまったとご連絡がありすぐに現場に急行しました。検尿カップによるトラブルは4月以降に多く発生します。健康診断の時期ですものね。

現場に到着して、最初にトイレの点検をして、検尿カップが便器のどのあたりにあるか見てみました。

検尿カップがつまったトイレ

その結果、検尿カップは便器の奥の方(底のほう、トイレ床面に近い部分)にあることがわかり、この状態では便器を床面から取り外す必要があると判断しましたので、お客さまにその旨お伝えします。

さらに具体的な修理方法や修理費用の見積もりもお客さまにご案内したところ、すぐに同意を得ることができたので、お申込みをしていただきました。

トイレ床面から便器を取り外して、便器の底を見てみたところ、検尿カップが挟まっていましたので、取り出します。
取り外した便器を元に戻して、洗浄レバーをまわし水の流れを確認すると、スムーズでしたのでつまりは解消されました。

当社はトイレの水もれ、つまりどちらにも対応しております。タンクが洗面台に隠れているような変わったタイプのトイレでも修理対応をしていますので、他社さまで断られてしまった場合でも、一度ご相談ください。

 

ご相談・お問い合せ・お申込み

フリーコール:0120-922-311

※メールフォームはこちらをクリック

可能な限り即日対応にてお伺いいたします。

平日も土日も朝8時から夜8時まで通常営業
出張無料・見積り無料・ご相談無料

【対応エリア】
埼玉県の全域

さいたま市・上尾市・川口市・戸田市・蕨市・越谷市・三郷市・久喜市・幸手市・春日部市・草加市・八潮市・吉川市・伊奈町・蓮田市・白岡市・宮代町・杉戸町・松伏町・川越市・ふじみ野市・富士見市・所沢市・朝霧市・和光市・新座市・狭山市・入間市・日高市・鶴ヶ島市・坂戸市・飯能市・東松山市・三芳町・川島町・滑川町・嵐山町・毛呂町・鴻巣市・加須市・熊谷市・桶川市・北本市・吉見町・羽生市・行田市・深谷市・美里町・本庄市

東京都の多摩地域と23区内

西東京市/武蔵野市/東久留米市/東村山市/東大和市/武蔵村山市/小平市/国分寺市/立川市/国立市/清瀬市/三鷹市/小金井市/豊島区/北区/中野区/練馬区/板橋区/杉並区/足立区/葛飾区/荒川区/江戸川区/江東区/墨田区/台東区/文京区/新宿区/渋谷区/港区/千代田区/中央区/世田谷区/目黒区/品川区/大田区

そのほかの地域

千葉県野田市/流山市/柏市/我孫子市

-トイレの記事, 工事例の記事, 記 事

Copyright© 埼玉水道修理サービス , 2021 All Rights Reserved.