工事例の記事 記 事

消臭スプレーのキャップやフタのトイレつまり修理例と対処法

トイレの利用後に消臭スプレーを使う方もいらっしゃるかと思います。スプレーのフタをうっかりとトイレ便器内に落として、そのまま流れてしまうことがあるのです。消臭スプレーのフタを流して、そのままにしておきますと、高い確率でトイレがつまります。ここでは、消臭スプレーのキャップやフタによるトイレつまりの修理と対処法についてご紹介します。

消臭スプレーのキャップやフタによるトイレつまりの修理

先日、埼玉県内にお住まいのお客様から「トイレの消臭スプレーのフタをトイレ便器に落として流れていってしまった。トイレがつまっているようなので、すぐに修理をしてほしい。」とご連絡がありました。すぐに現場にかけつけて、スタッフがトイレを点検しました。

修理前トイレ

こちらが消臭スプレーのフタがつまっているトイレです。便座のフタが上がっているため、わかりにくいかと思いますが、こちらはトイレタンクがないタンクレストイレと呼ばれるタイプのトイレです。ロータンクと呼ばれる、便器に座って背面にタンクがあるタイプが一般家庭には多いですが、タンクレスタイプはトイレ室内がすっきりと見えて人気になってきています。
タンクレストイレは、バキューム力が強く、消臭スプレーのフタなど小さなものであれば、簡単に便器の奥まで吸い込まれていく傾向があります。

スタッフがこのタンクレストイレを点検して、消臭スプレーがトイレ便器のどのあたりにつまっているのか、どのようにつまっているのかを確認します。点検によって、どのようにして消臭スプレーを取り出すか、その方法を検討致します。点検の結果、消臭スプレーは便器の奥の床面の方まで流れていっていることがわかりました。そのため、一旦トイレ便器をトイレ床面から取り外して、消臭スプレーを取り出す方法をとることに致しました。便器取り外し作業が必要であることをお客様にお伝えし、修理費用のお見積りを提示させていただきました。お客様からすぐに同意いただけましたので修理作業に入ります。

便器取り外し

衛生上のため、画像をぼかしていますが、上の画像はトイレ便器を床面から取り外した様子です。トイレ排水管の手前に消臭スプレーのフタがひっかかっていました。消臭スプレーのフタを取り出し、トイレ便器を床に戻します。

修理後

お客様と一緒に、トイレ便器内の水が問題なく流れていくかを確認しました。

当社はタンクレストイレだけでなく、ロータンクなどどのようなトイレのつまりにも可能な限り対応しております。トイレつまりの修理は8800円から承っておりますが、今回のようにトイレ便器の取り外し作業が必要な場合は最低でも修理費用が18000円以上はかかることを、予めご了承ください。修理前に必ず修理方法、費用のお見積りをお客様にご提示し、同意を頂いてから作業をしております。
当社の特徴として、トイレの固形物つまりに圧倒的に慣れていることがあります。水道業者のぺージや水道業者を利用したお客様のぺージで固形物のトイレつまり事例をご覧になることもあるかと思いますが、その中には詰まっている固形物が取り出せなかったという業者やお客様が書いた記事がたくさんあることに気がついた人も居るのではないかと思います。
当社の場合は社内での勉強会や講習会を重ねて、現在ではほとんど全てのケースで異物や固形物を取り出すことが出来ていますが、実は慣れないとけっこう難しい作業なのです。

消臭スプレーのフタやキャップを流した時の対処法

消臭スプレーのフタを開けようと思って、力を入れたら手からキャップがこぼれ落ちて、便器に落としてしまうこともあるかと思います。運が悪く、流れていってしまうことも珍しくはありません。ここでは、消臭スプレーのフタやキャップを流した時の対処法についてご紹介します。

・トイレ便器から覗いて見えている場合
もしもトイレ便器から覗いて、排水口手前にあり消臭スプレーのフタが見えている場合は、長い棒や割り箸などを使って取りだしてみてください。便器内に水が溜まっていると作業がしにくくなりますので、予め灯油ポンプなどをご使用されて、便器の水を減らしておくと作業がしやすくなります。

・大量の水で押し流そうとしない
スプレーのフタを落としてしまい、流れていってしまうと、そのまま水を大量に流して押し流そうとされるかもしれませんが、こちらはおすすめできません。消臭スプレーのフタはトイレ便器内部や排水管の手前付近でひっかかることが多く、大量の水を使ってもトイレつまりを解消することは困難です。

・ラバーカップは使用しない
ラバーカップと呼ばれる棒状の柄の先端にお椀型のゴムが付いた道具があります。これはトイレつまりを解消させるための道具ですが、消臭スプレーのフタなど固形物によるトイレのつまりには不向きです。ラバーカップを使ってしまいますとつまりの状況を悪化させることがありますので、ご使用さらないようにお気を付けください。

・すぐに修理業者を呼ぶ
消臭スプレーのフタをトイレに流した場合、多くはトイレ便器の床面に近いところまで流れてしまいます。ご家庭で取り出すことが難しい場合がほとんどですので、すぐに修理業者を呼ぶことをおすすめ致します。また、可能であれば修理が完了するまで、このトイレのご使用を控えていただくこともおすすめします。

消臭スプレーのフタやキャップなど固形物を流さないために

トイレ便器には、基本的にトイレットペーパーや排泄物以外を流すことはできませんので、ご注意ください。トイレに流せるウェットシートなど、「トイレに流せる」ことが特徴の商品などは、流しても問題はありませんが、これらも一度にまとめて流してしまうと、トイレがつまることもあります。消臭スプレーのフタなど固形物は、トイレに流すことができず、便器内に落として流れていってしまいますと、トイレをつまらせます。ここではトイレに固形物を流さないためにできる工夫をご紹介します。

・トイレには可能な限り物を持ち込まない
トイレにメガネ、カイロ、ボールペン、携帯電話、会員カードなどの固形物を流したつまりの修理依頼をよくいただきます。ズボンの尻ポケットなどにこれらを入れておくと、便器に腰かける際に落としてしまうことがありますので、可能な限りトイレ室内にはものを持ち込まないようにすると、トイレトラブルを予防することができます。小さなことですが、トイレをご使用になる前に、尻ポケットに物が入っていないか、確認しておくのも有効です。

・消臭スプレーのフタが一体化しているものを選ぶ
キャップのフタを開けるタイプの消臭スプレーは、トイレに落としやすいですが、フタが一体化したものであれば、フタを開ける作業がありませんので、落とす心配はありません。また、フタがあるタイプの消臭スプレーでも、フタの開け閉めをトイレ便器から少し離れた位置で行うことでも、このようなトラブルは防ぐことができますので、お試しください。

・トイレ便器に小物を飾らない
消臭スプレー以外でもトイレをつまらせるものはたくさんあります。トイレ室内の棚などに小物を飾っているお宅で、小物が落ちてトイレをつまらせてしまうこともあります。トイレ室内に小物を飾ることはおしゃれで良いのですが、便器内に落ちる可能性があるためご注意ください。

いくつか対策をご紹介しましたが、完全に固形物によるつまりを防ぐことは難しいかもしれません。万が一、トイレに消臭スプレーのフタなどの固形物を落とした場合は、どうぞお気軽に当社へご相談ください。

ご相談・お問い合せ・お申込み

フリーコール:0120-922-311

※メールフォームはこちらをクリック

可能な限り即日対応にてお伺いいたします。

平日も土日も朝8時から夜8時まで通常営業
出張無料・作業をともなわない点検と見積り無料・ご相談無料

【対応エリア】
埼玉県の全域

さいたま市・上尾市・川口市・戸田市・蕨市・越谷市・三郷市・久喜市・幸手市・春日部市・草加市・八潮市・吉川市・伊奈町・蓮田市・白岡市・宮代町・杉戸町・松伏町・川越市・ふじみ野市・富士見市・所沢市・朝霧市・和光市・新座市・狭山市・入間市・日高市・鶴ヶ島市・坂戸市・飯能市・東松山市・三芳町・川島町・滑川町・嵐山町・毛呂町・鴻巣市・加須市・熊谷市・桶川市・北本市・吉見町・羽生市・行田市・深谷市・美里町・本庄市

東京都の多摩地域と23区内

西東京市/武蔵野市/東久留米市/東村山市/東大和市/武蔵村山市/小平市/国分寺市/立川市/国立市/清瀬市/三鷹市/小金井市/豊島区/北区/中野区/練馬区/板橋区/杉並区/足立区/葛飾区/荒川区/江戸川区/江東区/墨田区/台東区/文京区/新宿区/渋谷区/港区/千代田区/中央区/世田谷区/目黒区/品川区/大田区

そのほかの地域

茨城県古河市/坂東市/守谷市/境町
千葉県野田市/流山市/柏市/我孫子市

-工事例の記事, 記 事

Copyright© 埼玉水道修理サービス , 2020 All Rights Reserved.